Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「不正コード侵入防止にフィルタリング役立つ」4割が実感

ウェブへのアクセス管理が不正コードの侵入防止に効果が上がっていると感じている企業が4割にのぼることがわかった。

フィルタリング事業を展開するネットスターが、企業におけるウェブアクセス管理について実体調査を行った結果、判明したもの。同調査は、3月26日および27日にウェブアンケート方式で実施された。対象は20代から50代までのシステム管理者で、有効回答数は1032件。

同調査によれば、ウェブアクセスについて何らかの管理を実施している法人は全体の32.1%。規模別に見ると、総従業員数1000名以上では61.7%、100名以上300名未満で43.9%、30名未満では約15%と規模が大きいほど対策が進んでいることがわかる。具体的な手法では、専用製品やルータのフィルタ機能などを含め、「URLフィルタリング」が約半数を占めもっとも多かった。

ウェブアクセス管理を導入したきっかけは、「ネットワークセキュリティ強化の一環」が60.1%でトップ。「ウイルスやスパイウェアの感染事例があった」という回答も26.3%を占めた。その一方、これまでウェブアクセス管理のおもな導入目的だった「生産性向上」、および「セクハラ対策」などの比率は、相対的に低下しているという。

ウェブアクセス管理を導入したことで、何らかの効果を実感している法人は全体の8割を超えた。具体的には、「ウイルスやスパイウェアなどの侵入が減った」が41.1%でもっとも多く、次いで「個人情報や機密情報の漏洩の心配がなくなった」が25.4%と続いた。また、作業効率の向上やネットワーク負荷の減少などを挙げる法人も多かった。

また、対策が未実施である法人にその理由をたずねたところ、「担当者の手間がかかりすぎる」が45.6%でトップ。「コストがかかりすぎる」と答えた法人も29.4%を占めた。「必要性がない」と答えたのは13.3%にとどまった。

(Security NEXT - 2007/07/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
Android向けMastodonアプリに中間者攻撃のおそれ - アップデートが公開
スマホセンサーの誤差修正情報から端末を識別、追跡する「SensorID」攻撃が明らかに
オープングラフ対応を支援するWordPressプラグインに脆弱性
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
生徒写真公開ページURLと閲覧用PWを誤送信 - 大阪府
三菱電機の制御機器向けネットワークインタフェースにDoS脆弱性
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大