Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

パレの顧客情報流出、あらたに1万2100件が判明

東芝テックからスーパーの会員情報が流出した問題で、26日に1万2100件のあらたな流出が判明した。

今回の事件は、スーパー事業を展開するパレや松坂ストアの顧客情報が、両社から業務を受託した東芝テックの再々委託先よりファイル交換ソフト「Share」を通じてインターネット上へ流出したもの。

あらたに流出が確認されたのは、2006年7月から10月にかけてパレでカードの新規登録したり、切り替えを行った顧客の氏名や住所、電話番号など1万2100件。当初発表の1万7181件とあわせ、流出件数は2万9281件となった。

流出件数については、25日の時点で東芝テックがパレの流出件数を当初公表した件数よりも多い2万9281件であると一時発表。その後確認できておらず誤りだったとして同日中に当初の発表どおり1万7181件に訂正するなど一部で混乱があった。その後の調査で26日に再び2万9281件であることが判明した。

(Security NEXT - 2007/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化