Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鹿児島県、Winnyで個人情報流出させた職員を懲戒処分

鹿児島県職員の自宅から600件以上の業務情報がネット上に流出した事件で、同県は職員の懲戒処分を行った。

問題となった個人情報流出事件は、農林水産部職員が業務関連情報を持ち出し、私用パソコンで利用したことから、同パソコンにインストールされていたファイル交換ソフト「Winny」を通じて外部へ流出したもの。流出したファイルは660件にのぼり、そのうち97件に2906人分の個人情報が含まれていた。

同県では、今回の流出に関わった職員に対して停職2カ月の懲戒処分を実施。同県は、今月9日にもわいせつ画像などを「Share」経由で流出させた職員を減給処分としており、情報流出による処分は今月に入り2例目となった。

今回の事件を受け、同県では職員に対して注意喚起を実施したほか、IT推進員の設置や研修の実施を決定し、再発の防止を目指すという。

(Security NEXT - 2007/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
個人情報保護委、「Privacy Awareness Week」を実施 - 啓発活動を展開
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を