Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鹿児島県、Winnyで個人情報流出させた職員を懲戒処分

鹿児島県職員の自宅から600件以上の業務情報がネット上に流出した事件で、同県は職員の懲戒処分を行った。

問題となった個人情報流出事件は、農林水産部職員が業務関連情報を持ち出し、私用パソコンで利用したことから、同パソコンにインストールされていたファイル交換ソフト「Winny」を通じて外部へ流出したもの。流出したファイルは660件にのぼり、そのうち97件に2906人分の個人情報が含まれていた。

同県では、今回の流出に関わった職員に対して停職2カ月の懲戒処分を実施。同県は、今月9日にもわいせつ画像などを「Share」経由で流出させた職員を減給処分としており、情報流出による処分は今月に入り2例目となった。

今回の事件を受け、同県では職員に対して注意喚起を実施したほか、IT推進員の設置や研修の実施を決定し、再発の防止を目指すという。

(Security NEXT - 2007/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に
ATM記録紙の紛失が判明、誤廃棄の可能性 - 高知銀
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力