Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

鹿児島県、Winnyで個人情報流出させた職員を懲戒処分

鹿児島県職員の自宅から600件以上の業務情報がネット上に流出した事件で、同県は職員の懲戒処分を行った。

問題となった個人情報流出事件は、農林水産部職員が業務関連情報を持ち出し、私用パソコンで利用したことから、同パソコンにインストールされていたファイル交換ソフト「Winny」を通じて外部へ流出したもの。流出したファイルは660件にのぼり、そのうち97件に2906人分の個人情報が含まれていた。

同県では、今回の流出に関わった職員に対して停職2カ月の懲戒処分を実施。同県は、今月9日にもわいせつ画像などを「Share」経由で流出させた職員を減給処分としており、情報流出による処分は今月に入り2例目となった。

今回の事件を受け、同県では職員に対して注意喚起を実施したほか、IT推進員の設置や研修の実施を決定し、再発の防止を目指すという。

(Security NEXT - 2007/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
電子カルテにランサム感染、バックアップミスでデータ復元できず - 宇陀市立病院
「Firefox 63」がリリース、トラッキング対策強化 - 複数の深刻な脆弱性にも対処
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
2018年3Q、脆弱性DBへの登録は3834件 - IPA
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
行政や独法の個人情報委託先、68件で契約違反の再委託
デジタルコンテンツ販売サイト「DLmarket」に不正アクセス - 顧客情報56万件が流出か
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加