Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市原市内小学校の児童情報がWinny流出、関連する教諭が自殺

千葉県市原市の小学校児童の個人情報269人分がインターネット上に流出したことがわかった。教師のパソコンからファイル交換ソフト「Winny」を通じて流出したと見られている。

流出が判明しているのは、同教師が勤務した同市立小学校2校の児童や卒業生の個人情報。氏名や成績表のほか、一部では住所なども含まれていた。

同市教育委員会が1日に流出を確認し、関連すると見られる教師に事情聴取を行っていたが、今月6日に首つりにより自殺しているのが見つかったという。流出と自殺の因果関係はわかっていない。

(Security NEXT - 2007/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国家試験「iパス」、最年少合格記録を更新
「Symantec Messaging Gateway」にRCEやCSRFの脆弱性 - アップデートで修正
「VMware NSX-V Edge」にサービス拒否の脆弱性
「Apache Tomcat」のキャッシュ処理などに脆弱性 - 既存のアップデートで対応済み
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」
パロアルト、製品の機能を拡張するフレームワークを用意 - サードパーティアプリが利用可能に
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
府立高校で生徒の個人情報含む資料が所在不明 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
クレカのセキュリティを動画で啓発 - コロッケさんら出演