Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市原市内小学校の児童情報がWinny流出、関連する教諭が自殺

千葉県市原市の小学校児童の個人情報269人分がインターネット上に流出したことがわかった。教師のパソコンからファイル交換ソフト「Winny」を通じて流出したと見られている。

流出が判明しているのは、同教師が勤務した同市立小学校2校の児童や卒業生の個人情報。氏名や成績表のほか、一部では住所なども含まれていた。

同市教育委員会が1日に流出を確認し、関連すると見られる教師に事情聴取を行っていたが、今月6日に首つりにより自殺しているのが見つかったという。流出と自殺の因果関係はわかっていない。

(Security NEXT - 2007/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」公開 - パブコメに192件の意見
富士通ら、NISTセキュリティ基準への対応を支援するコンサルサービス
メール誤送信で助成金交付団体のメアド流出 - 環境再生保全機構
腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
広く利用される暗号化ライブラリに脆弱性「ROCA」 - 鍵長1024ビットなら解析コストは1万円以下
4割弱が物理的なウェブカメラの覗き見対策を実施
CiscoのNFVプラットフォームに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース