Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市原市内小学校の児童情報がWinny流出、関連する教諭が自殺

千葉県市原市の小学校児童の個人情報269人分がインターネット上に流出したことがわかった。教師のパソコンからファイル交換ソフト「Winny」を通じて流出したと見られている。

流出が判明しているのは、同教師が勤務した同市立小学校2校の児童や卒業生の個人情報。氏名や成績表のほか、一部では住所なども含まれていた。

同市教育委員会が1日に流出を確認し、関連すると見られる教師に事情聴取を行っていたが、今月6日に首つりにより自殺しているのが見つかったという。流出と自殺の因果関係はわかっていない。

(Security NEXT - 2007/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供
顧客の個人情報含むファイルを誤ってメールに添付 - エコランド
保管文書台帳に個人名、配慮必要な情報も - 長崎県
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
2016年度の標的型攻撃対策支援サービス市場は95億円 - 前年度比2割増
キヤノン、複合機やプリンタ利用者に更新呼びかけ - 「WannaCrypt」感染のおそれも
「OpenVPN」に複数の脆弱性 - 早期にアップデートを
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
ランサム攻撃発動しない「WannaCrypt」亜種が拡散 - 潜伏に注意
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加