Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市原市内小学校の児童情報がWinny流出、関連する教諭が自殺

千葉県市原市の小学校児童の個人情報269人分がインターネット上に流出したことがわかった。教師のパソコンからファイル交換ソフト「Winny」を通じて流出したと見られている。

流出が判明しているのは、同教師が勤務した同市立小学校2校の児童や卒業生の個人情報。氏名や成績表のほか、一部では住所なども含まれていた。

同市教育委員会が1日に流出を確認し、関連すると見られる教師に事情聴取を行っていたが、今月6日に首つりにより自殺しているのが見つかったという。流出と自殺の因果関係はわかっていない。

(Security NEXT - 2007/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート