Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの6月度セキュリティパッチは6件 - 深刻度「緊急」は4件

マイクロソフトは、6月に公開を予定しているセキュリティ更新プログラムの事前通知を公表した。深刻度「緊急」の脆弱性が4件、「重要」と「警告」がそれぞれ1件となっている。

従来は件数のみの発表だったが、今回より更新プログラムを効果的に適用できるよう、件数や影響を受けるソフトウェア、脆弱性の深刻度、検出ツールに関する情報の提供も開始した。

「緊急」とされる脆弱性は、WindowsやInternet Explorer、Outlook Express, Windows メールに関するもので、いずれもリモートでコードが実行されるおそれがある。またVisioに関する脆弱性も含まれ、深刻度は「重要」。これらセキュリティ更新プログラムの公開は、6月13日が予定されている。

マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知 - 2007年6月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-jun.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む表計算ファイルを誤掲載 - 浦添市
凸版印刷、セキュリティ人材の育成で新会社
感染PCから迷惑メール、顧客情報流出か - ニッポンレンタカー
ネット経由で学生情報が閲覧可能に、設定ミスで - 室蘭工業大
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
協議会関係者のメアド流出、誤送信で - 宇治市
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
「カテエネ」不正ログイン、78件があらたに判明 - ポイント交換も
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破
NVIDIAのディスプレイドライバに複数脆弱性 - アップデートを提供