Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSの6月度セキュリティパッチは6件 - 深刻度「緊急」は4件

マイクロソフトは、6月に公開を予定しているセキュリティ更新プログラムの事前通知を公表した。深刻度「緊急」の脆弱性が4件、「重要」と「警告」がそれぞれ1件となっている。

従来は件数のみの発表だったが、今回より更新プログラムを効果的に適用できるよう、件数や影響を受けるソフトウェア、脆弱性の深刻度、検出ツールに関する情報の提供も開始した。

「緊急」とされる脆弱性は、WindowsやInternet Explorer、Outlook Express, Windows メールに関するもので、いずれもリモートでコードが実行されるおそれがある。またVisioに関する脆弱性も含まれ、深刻度は「重要」。これらセキュリティ更新プログラムの公開は、6月13日が予定されている。

マイクロソフト セキュリティ情報の事前通知 - 2007年6月
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-jun.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
Facebookページに第三者が不正投稿、すでに復旧 - メディアドゥHD
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA