Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

P2Pソフトの帯域占有に「待った」 - DTIが利用制限を実施

ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は、ファイル交換ソフトの利用者をはじめ、トラフィックを占有する利用者を対象に規制を実施すると発表した。

今回の規制は、1日あたり15Gバイト以上の上りトラフィックを発生させた利用者が対象で、10月1日より利用停止などを行う。また7月1日より規制対象となる利用者に対して警告などを行う予定。

同社によれば、「WinMX」「Share」「Winny」などファイル交換ソフトなどを利用することでネットワークを占有するケースが多く、通信品質の低下など、「不公平な状況」が発生しているという。

ただし、今回の措置はファイル交換ソフトなど特定のアプリケーションやポート番号を制限するものではなく、FTPやメール送信、オンラインゲームなども送信データ量が超えた場合は対象となる。

(Security NEXT - 2007/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
JNSA、セキュリティ事業者の適正な事業遂行で検討会
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化