Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福島県施設が迷惑メール約10万通の踏み台に

福島県のサーバが踏み台となり10万通のメールが配信されたことがわかった。

踏み台被害にあったのは、福島県の公設試験研究機関であるハイテクプラザのサーバ。5月2日から9日までの間に外国語で書かれた約10万通の迷惑メールがサーバを通じて配信されたもので、同県では警察やJPCERT/CCへ被害を報告した。

送付されたメールはウイルスへ感染しておらず、個人情報の漏洩といった被害はなかったという。同県では、受信した場合は、すぐに削除してほしいと注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2007/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報を誤って一般ゴミで廃棄、収集車から飛散 - ケアコム
信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
Windowsへのゼロデイ攻撃、「FruityArmor」関与か - 「Skype」経由で攻撃
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ