Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで大阪府のウェブサイトに障害 - 全面復旧の目処たたず

大阪府のウェブサイトが不正アクセスを受け、障害が発生した。全面復旧の見通しはたっていないという。

同サイトでは、不正アクセスが原因により障害が発生、メインテナンスを実施するとして一時一切のサービスについて利用ができなくなった。24日12時現在、一部サービスが復旧しており、「オンライン手続きの電子申込みサービス」や「電子入札」に限定してサービスを提供している。

(Security NEXT - 2007/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ECサイトシステムの堅牢化競技会 - 7月に初の北海道開催
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
NEC、顔認証によるキャッシュレス決済の実証実験を開始
職員採用内定者のメアドが流出 - 横浜市立大
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加
他利用者に騙されウイルス感染、偽運営者によるアカウント詐取 - IPAがネットゲーム利用者へ注意喚起
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
高校で検定試験結果が所在不明、持ち去りか - 神奈川県
予約システム「Coubic」に不正アクセス - 管理用PWを奪われる
Facebook、パスワード数億人分を社内保管 - 外部公開や悪用は確認されず