Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フジテレビ、ジャニーズ携帯サイトの利用者情報5万6000件を紛失

フジテレビが運営するジャニーズ事務所の携帯電話サイト「Johnny’s Web」の利用者情報を保存したパソコンが所在不明になっている。

フジテレビが同サイトの運営を委託しているナノ・メディアの従業員が4月14日にノートパソコンを紛失したもの。パソコンには、通販やサポートなど2007年1月15日から2月5日までに同サイトを利用した最大5万6802件の個人情報が保存されており、氏名や住所、電話番号、メールアドレス、グッズ購入情報が含まれる。

同従業員がタクシーで移動する際に置き忘れた見られ、発覚後に捜索を行ったが見つかっていない。今までのところ不正に利用されたといった連絡は受けていないという。

ナノ・メディアによると、通常利用者の個人情報は利用終了後に削除しているが、今回はサポート期間内だったためにデータが残存していたとしており、持ち出しについては削除するよう義務づけていたが徹底されていなかった説明している。

フジテレビやナノ・メディアでは、関係者へ連絡、事情を説明した上で謝罪するほか、フジテレビでは、事故を監督官庁である総務省へ報告するとしている。

(Security NEXT - 2007/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集