Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフトウェア脆弱性の届け出件数、過去最高だった前四半期から大きく減少 - IPA

今四半期において、ソフトウェア製品に関する脆弱性の届け出が前四半期と比較し、大幅に減少したことが情報処理推進機構とJPCERT コーディネーションセンターのまとめによりわかった。ウェブサイトについては微増となっている。

2007年第1四半期にIPAへ届けられた脆弱性関連情報の状況をまとめたもの。IPAでは脆弱性関連情報の届け出について受け付け、JPCERT/CCが国内の製品開発者などの関連組織との調整を行っている。

今四半期のソフトウェア製品に関する脆弱性の届け出は36件。2006年は件数の増減が激しい年となり、第4四半期には123件と大幅に増加、過去最高を記録したが、今四半期では再び40件以下に落ち着いた。

またIPAでは今四半期から、共通脆弱性評価システム「CVSS」を用いた脆弱性の深刻度評価を開始しており、算出した深刻度を「レベルI(注意)」、「レベルII(警告)」、「レベルIII(危険)」に分類している。

届け出を受けた脆弱性のうち、もっとも深刻度の高いレベルIIIは、ショッピングサイト構築ソフト「ショッピングバスケットプロ v7」におけるOSコマンドインジェクションの脆弱性1件。レベルIIは2件で、いずれもRSS情報を取り扱う製品だった。2004年から今四半期末までの累積状況は、公表された脆弱性170件のうち、レベルIIIとなったのは18件と約1割で、レベルIIが7件、レベルIが145件だった。

ウェブサイトに関する脆弱性情報の届出件数は95件で、「クロスサイトスクリプティング」と「SQLインジェクション」が依然として多く、全体の7割弱を占めている。脆弱性によりさらされる脅威としては、「偽情報の表示」と「データの改ざん、消去」が全体の約半数を占め、情報漏洩についても10%に及んだ。

(Security NEXT - 2007/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ