Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯アプリでワンタイムパスワードを発行する銀行向けソリューション - NTTデータ

NTTデータは、携帯電話のアプリケーションによりワンタイムパスワードを発行、認証を実現するネットバンキング向けセキュリティソリューションを開発、5月より提供開始する。

従来のワンタイムパスワード認証では、パスワード生成の専用トークンを利用者に配布する必要があったが、同サービスでは、携帯電話上のアプリケーションを利用してワンタイムパスワードを発行するため、ネットワーク経由で配布できる。

同サービスは、現在約80の金融機関が利用している同社の個人向けインターネットバンキングASPサービス「ANSER-WEB」において、フィッシングやスパイウェアなどによる不正取引を防止するセキュリティソリューションとして提供される予定。

すでに岩手銀行、京都銀行、紀陽銀行インターネット支店、関西アーバン銀行、京都信用金庫が導入を決定しており、荘内銀行、静岡銀行、愛知銀行、名古屋銀行、みなと銀行が2007年度中の導入を検討しているという。

(Security NEXT - 2007/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集