Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイルコンテンツを検査し安全性を認定するプログラム - 「McAfee OK」

米McAfeeは、モバイルコンテンツを検査して、有害あるいは不適切な内容が含まれていないことを認定するプログラム「McAfee OK」を発表した。

同プログラムは、モバイルコンテンツ事業者やネットワーク事業者向けのモバイルコンテンツ検査、認定プログラム。携帯電話向けに提供されている着信メロディ、画像、動画、アプリケーションなどのコンテンツを検査し、有害あるいは不適切な内容が含まれていないことを認定する。これにより、ユーザーはコンテンツの安全性を確認でき、安心して利用することができる。

同社のモバイル検出技術をベースにしたプログラムで、カスタマイズ可能なパラメータにより、有害と判断されたコンテンツの類型を検出する。脅威情報は、専門のモバイル研究チームによりリアルタイムで更新される。

(Security NEXT - 2007/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区