Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス対策ソフトを回避する「HckPk」が半数を占める - ソフォスウイルストップ10

ソフォスは、2007年2月におけるウイルスの報告状況をまとめた。ウイルス対策ソフトの検知機能を回避する「HckPk」が報告数の約半数を占め、初登場で1位となった。

発表によれば、2月に利用されたメールのうちウイルスメールは0.39%で、先月の0.42%よりわずかに減少した。

今回、全体の50.3%を占めて1位となった「HckPk」は、悪質なプログラムを含む添付ファイルを無害であるかのように偽装して、アンチウイルスソフトの検知機能を回避。昨年12月にランクの1位となった「Dref」や先月の1位となった「Dorf」は、いずれもHckPkを使って送信されていたことが確認されたという。また、プログラム自身も検知を避けるため、頻繁に変更されているという。

こういった脅威に対する防御としては、従来の定義ファイルによる対応だけでなく、プログラムの振る舞いによって悪質なものであるかを判定して、ネットワークへの侵入を未然に防ぐプロアクティブな対策も重要であるとしている。

070305sph.gif

(Security NEXT - 2007/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず