Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス対策ソフトを回避する「HckPk」が半数を占める - ソフォスウイルストップ10

ソフォスは、2007年2月におけるウイルスの報告状況をまとめた。ウイルス対策ソフトの検知機能を回避する「HckPk」が報告数の約半数を占め、初登場で1位となった。

発表によれば、2月に利用されたメールのうちウイルスメールは0.39%で、先月の0.42%よりわずかに減少した。

今回、全体の50.3%を占めて1位となった「HckPk」は、悪質なプログラムを含む添付ファイルを無害であるかのように偽装して、アンチウイルスソフトの検知機能を回避。昨年12月にランクの1位となった「Dref」や先月の1位となった「Dorf」は、いずれもHckPkを使って送信されていたことが確認されたという。また、プログラム自身も検知を避けるため、頻繁に変更されているという。

こういった脅威に対する防御としては、従来の定義ファイルによる対応だけでなく、プログラムの振る舞いによって悪質なものであるかを判定して、ネットワークへの侵入を未然に防ぐプロアクティブな対策も重要であるとしている。

070305sph.gif

(Security NEXT - 2007/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
産総研とZenmuTech、秘匿計算技術の実用化に向けプロジェクト
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
関係者や一般人の画像データ含むカメラを紛失 - 大阪府
高校の修学旅行先で個人情報を紛失 - 横浜市
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
個人情報含む統計調査関係書類を紛失 - つくば市