Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス対策ソフトを回避する「HckPk」が半数を占める - ソフォスウイルストップ10

ソフォスは、2007年2月におけるウイルスの報告状況をまとめた。ウイルス対策ソフトの検知機能を回避する「HckPk」が報告数の約半数を占め、初登場で1位となった。

発表によれば、2月に利用されたメールのうちウイルスメールは0.39%で、先月の0.42%よりわずかに減少した。

今回、全体の50.3%を占めて1位となった「HckPk」は、悪質なプログラムを含む添付ファイルを無害であるかのように偽装して、アンチウイルスソフトの検知機能を回避。昨年12月にランクの1位となった「Dref」や先月の1位となった「Dorf」は、いずれもHckPkを使って送信されていたことが確認されたという。また、プログラム自身も検知を避けるため、頻繁に変更されているという。

こういった脅威に対する防御としては、従来の定義ファイルによる対応だけでなく、プログラムの振る舞いによって悪質なものであるかを判定して、ネットワークへの侵入を未然に防ぐプロアクティブな対策も重要であるとしている。

070305sph.gif

(Security NEXT - 2007/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ