Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客情報約11万件を紛失 - 誤廃棄の可能性

東京電力は、千葉支店の10事業所において、顧客情報約11万件が記録されたマイクロフィルムの紛失が判明したと発表した。

所在不明となっているマイクロフィルムには、1999年から2004年までの契約情報約11万件が記録されていた。顧客名、住所、電話番号、口座番号、電気使用量、請求金額などが含まれる。

同支店ではフィルムの保管数量の確認を進めていたが、2月16日に大原営業センターにおいて紛失が判明したことを受け、全事業所で確認作業を実施した。その結果ほかの9事業所でも紛失が確認された。

警察に紛失届を提出して捜索を続けているが、27日時点ではまだ発見されていない。同社では誤って廃棄処分された可能性が高いとしている。

(Security NEXT - 2007/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ
ウェブセキュリティの知見問う「徳丸試験」 - 2019年12月より開始
学生がフィッシング被害、迷惑メール約29万件の踏み台に - 新潟大
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
生活保護受給者名簿が所在不明、車の屋根に置き忘れ - 高岡市
IoT向け組込OS「AWS FreeRTOS」に複数脆弱性 - コード実行のおそれ
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
10月中旬ごろよりAVTECH製カメラの脆弱性狙うアクセス - Miraiボット亜種か