Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客情報約11万件を紛失 - 誤廃棄の可能性

東京電力は、千葉支店の10事業所において、顧客情報約11万件が記録されたマイクロフィルムの紛失が判明したと発表した。

所在不明となっているマイクロフィルムには、1999年から2004年までの契約情報約11万件が記録されていた。顧客名、住所、電話番号、口座番号、電気使用量、請求金額などが含まれる。

同支店ではフィルムの保管数量の確認を進めていたが、2月16日に大原営業センターにおいて紛失が判明したことを受け、全事業所で確認作業を実施した。その結果ほかの9事業所でも紛失が確認された。

警察に紛失届を提出して捜索を続けているが、27日時点ではまだ発見されていない。同社では誤って廃棄処分された可能性が高いとしている。

(Security NEXT - 2007/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市