Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電力、顧客情報約11万件を紛失 - 誤廃棄の可能性

東京電力は、千葉支店の10事業所において、顧客情報約11万件が記録されたマイクロフィルムの紛失が判明したと発表した。

所在不明となっているマイクロフィルムには、1999年から2004年までの契約情報約11万件が記録されていた。顧客名、住所、電話番号、口座番号、電気使用量、請求金額などが含まれる。

同支店ではフィルムの保管数量の確認を進めていたが、2月16日に大原営業センターにおいて紛失が判明したことを受け、全事業所で確認作業を実施した。その結果ほかの9事業所でも紛失が確認された。

警察に紛失届を提出して捜索を続けているが、27日時点ではまだ発見されていない。同社では誤って廃棄処分された可能性が高いとしている。

(Security NEXT - 2007/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に
北朝鮮関与「HIDDEN COBRA」のツールに新亜種 - 米政府が情報公開
要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性
ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
IoT 機器セキュリティ基準の技適認定サービス