Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

26万件の個人情報含むATMジャーナルを紛失 - 伊予銀行

伊予銀行は、本店営業部をはじめとする49本支店において顧客情報を記載した書類を紛失したと発表した。

所在がわからなくなっているのは、顧客の氏名や取引銀行名、支店名、科目、口座番号、取引金額などを記載したロール状のATMジャーナル。26万2196件の個人情報が記載されていた。

同行が行内の調査を実施したところ判明したもので、内部調査により誤廃棄の可能性が高いと結論づけている。同行では、厳密な取り扱いやペーパーレス化など再発防止に取り組むという。

(Security NEXT - 2007/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービスの多要素認証、設定手順を解説 - IPA
VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
委託元の顧客情報を別の委託元へメール誤送信 - 埼玉の保険代理店
個情委、JapanTaxiに再度指導 - 4カ月間改善なく
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
県立高校で生徒個人情報含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
本人確認記録書が所在不明、一部店舗では誤廃棄を確認 - みちのく銀
注意喚起で掲載した架空請求ハガキに個人情報 - マスキング不十分で
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース