Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中央労金、内部調査によりあらたに顧客情報紛失が判明

中央労働金庫の八王子支店や本郷支店において取引伝票の紛失が判明した。

八王子支店や本郷支店において、2004年に取り扱った一部伝票の所在がわからなくなっているもので、それぞれ40件、73件の顧客情報を含んでいる。いずれも顧客名や口座番号、取引金額などが含まれているが、同庫では誤廃棄の可能性が高いと結論づけている。

同庫では、先月5日に中野支店における紛失事故が判明、他支店においても同様の紛失がないか調査を進めていた。

(Security NEXT - 2007/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大