Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Excelにリモートでコードが実行される脆弱性、ゼロディ攻撃に注意

マイクロソフトは、Excelにあらたな脆弱性が見つかったとして、注意を呼びかけている。

影響を受けるのは、Windows向け製品であるOffice 2000、同XP、同2003とOffice 2004 for Macに含まれるExcel。悪意あるファイルをユーザーが開くと、第三者が外部からコンピュータを乗っ取る可能性がある。

現在、攻撃対象はExcelだけだが、他のOfficeアプリケーションにも同様の脆弱性が潜在的に存在していることを同社では把握しているという。現在、脆弱性を解決するセキュリティプログラムなども用意されておらず、同社では、メールで送りつけられた信頼が置けないファイルなどを開かないようアナウンスしている。

Microsoft Office の脆弱性により、リモートでコードが実行される
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/932553.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2007/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
顧客情報最大6.7万件が保存されたPCを紛失 - ゼットン
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
2019年上半期の「ファイルレス」攻撃、前年同期比3.6倍に
北朝鮮関与「HIDDEN COBRA」のツールに新亜種 - 米政府が情報公開
要件定義のノウハウまとめたIPA資料に改訂版 - 成功事例も
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
マグネシウム製品の通販サイトに不正アクセス - 顧客情報流出の可能性