Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中央労金、顧客情報記載の取引伝票を紛失 - 誤廃棄の可能性

中央労働金庫は、中野支店において顧客58名および37団体の口座情報などが記載された取引伝票の紛失が1月5日に明らかになったと発表した。

同庫によれば、所在がわからなくなっている同伝票には顧客58名の氏名、口座番号、取引金額、および37団体の名称、口座番号、取引金額など個人情報が記載されていた。同支店が伝票を点検したところ、2006年10月25日に扱った伝票の一部がなくなっていることに気が付いたという。

同庫では、同支店内で誤廃棄された可能性が高いと結論付けている。同金庫では該当する顧客に対し、個別に説明と謝罪をするなど対応を進めている。

(Security NEXT - 2007/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消
11月のMS月例パッチ修正された脆弱性、中東のゼロデイ攻撃で悪用済み
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた