Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ローン払ったはずが「未払い」 - 信用情報の登録ミス、銀行でも

信用情報は、金融機関が共有するために全国銀行個人信用情報センターへ登録されるが、システムの不具合により一部銀行において誤った信用情報が一時的に登録されていたことがわかった。

今月、信用金庫などの信用情報を取り扱うしんきん共同システム運営機構が、約314万人分のローン返済情報について誤登録をしていたことが判明。その後国民生活金融公庫による1753人分の誤登録などが明らかになっているが、銀行でも同様の事故が発生している。

三井住友銀行では、今年11月7日から12月15日までの間、プログラムミスにより、入金していても、「一部しか入金がなかった」と誤った情報が登録されたケースが5815件に上った。入金されていないにもかかわらず、全額入金されたと登録されたケースも7213件あったという。

また、中国銀行においては、個人ローン利用者の信用情報1万4234件に登録ミスがあり、12月18日に修正。筑邦銀行でも、ミニカードローンやバンクカード利用者について11月29日から12月18日まで「請求はなく入金もない」と登録するはずが「請求に対する入金がなかった」と誤登録するミス9116件判明している。

一方、みなと銀行では、カードローン口座1万2785件をはじめ、合計1万5543件について11月15日から12月15日まで誤登録されていたほか、関西アーバン銀行でも11月6日から12月19日の間に同様の登録ミスが発生した。

いずれも、誤登録が行われていた場合、期間中に融資が受けられないなど影響がでた。現在、それぞれの金融機関ではプログラムの不具合を改善、登録情報の誤りについても修正している。

今回、大量に誤登録が発生した原因は、いずれもシステムの不具合。同センターへの登録内容は、10月に変更となっており、プログラムで対応する際に不具合が発生したと見られている。

(Security NEXT - 2006/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
個人情報含む廃棄書類が高速道路で飛散 - 関西電力
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応