Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未成年の携帯フィルタリングサービス、親権者への利用意思確認を必須に - SBモバイル

ソフトバンクモバイルは、未成年を対象とした携帯電話向けフィルタリングサービス「ウェブ利用制限」の利用について親権者の意思確認を必須にする。未成年者の希望だけでなく、親権者の意思確認を行うことにより、同サービスの利用促進をはかるのがねらい。

同サービスは、18歳以下の利用者を対象とし、同社3G携帯電話から出会い系やアダルトサイトなどへのアクセスを制限するフィルタリングサービス。無料で利用できる。

具体的な取り組みとしては、1月中旬以降に18歳未満の利用者が新規契約や譲渡を受ける場合、同サービス利用について親権者に対して意思確認を必須とするほか、2月下旬以降は、対象年齢を18歳未満から20歳未満に引き上げる。同サービスを解約する場合にも親権者の同意が必要となる。

携帯電話の出会い系サイトなどを利用することで未成年者が事件に巻き込まれるケースが増えていることから、11月に総務省が携帯事業者に対してコンテンツフィルタリングサービス普及を要請。啓蒙活動や利用促進活動の強化、親権者の意思確認など、サービスに盛り込むよう求めている。

(Security NEXT - 2006/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割