Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯向け違法音楽配信の根絶目指す - 権利団体と携帯キャリアがタッグ

JASRACをはじめとする音楽関係権利者6団体と携帯キャリア3社は、携帯電話向け違法音楽配信の根絶に向けた対策や啓発活動を、共同で実施することを合意した。

2005年夏ごろから、音楽CDを元に作成した音源が違法に公開されるケースが急増。今回の協力合意では、これら著作権侵害行為の根絶を目指すとしており、具体的な対策や啓発活動を共同で展開するという。

今後は、対策について検討する協議体を設置し、違法音楽配信への技術面での対策を検討するとともに、ユーザーへの継続的な啓発活動に取り組むとしている。

参加団体は、日本レコード協会、日本音楽著作権協会、日本芸能実演家団体協議会・実演家著作隣接権センター、日本音楽事業者協会、音楽出版社協会、音楽制作者連盟の6団体。およびNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの携帯キャリア3社。

(Security NEXT - 2006/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意