Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Vista対応のデータ復元ソフト「ファイナルデータ2007」 - AOSテクノロジーズ

AOSテクノロジーズは、Windows Vistaに対応したデータ復元ソフトの最新版「ファイナルデータ2007特別復元版」を、12月22日より発売する。データ抹消機能をくわえた「ファイナルデータ特別復元+抹消Pro版」も同時発売する。

同ソフトは、誤って削除してしまったファイルやフォルダ、メールメッセージのほか、認識できなくなったドライブのデータなどを復元するソフト。ウィザードに従って操作するだけなので、初心者でも簡単に復元できる。

最新版では、Windowsで扱えない文字を含んだファイル名があった場合でも復元を中断せず、自動置換して復元を継続する機能が追加された。また、Windows Vistaに標準搭載されているWindowsメールの復元に対応した。

価格は、毎日コミュニケーションズ刊「速攻図解ファイナルデータ2007」を付属した初回限定版が1万3440円。乗換・優待版が1万1340円。抹消機能を搭載した「+抹消Pro版」が1万6590円。

(Security NEXT - 2006/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大