Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社員のPCから顧客情報含む社内資料が流出 - ミロク情報サービス

ミロク情報サービスは、高松支社が管理する顧客情報843件および社内資料などが、同社社員のウイルス感染パソコンからネット上に流出していたことを明らかにした。

流出したのは、同社の業務管理システムの顧客情報843件、および氏名、勤務先情報を含む個人情報511件。さらに社内資料なども含まれる。社員の個人パソコンがウイルスに感染したことにより、保存されていたデータが流出したと見られている。

流出の対象となった顧客には、謝罪の文書を送付する。また、情報を流出させた社員に対して社内処分を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
市立幼稚園で園児の指導要録を誤廃棄 - 宇陀市
「BIND 9」にリモートより悪用可能な脆弱性 - アップデートがリリース
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
海賊版サイトへのアクセス抑止で意見募集 - 総務省
「Chrome 74」がリリース、脆弱性など39件を修正
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
顧客宛ての送付書類に電話番号を誤記載 - 大阪市水道局
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催