Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未知の攻撃に対応する「F-Secureインターネットセキュリティ2007」が登場

日本エフ・セキュアは、コンシューマー向け統合セキュリティソフトの最新版「F-Secureインターネットセキュリティ2007」を10月30日に発売する。価格は、パッケージ版が6720円、ダウンロード版が5775円。1ライセンスで3台のPCへインストールできる。

同製品では、新機能「F-Secure DeepGuard」を搭載し、定義ファイルによるセキュリティ対策だけでなく、システムの監視や不正なコードの追加の防御、ヒューリスティック、およびランタイム振舞ブロックといった技術により、未知の攻撃に対応する。

さらにスパイウェアの検索エンジンを追加することにより検出や駆除の機能を強化。また、HTTPプロトコルのスキャンが可能となり、画像ファイルなどを利用した攻撃などにも対応するほか、ペアレンタル・コントロール機能を搭載した。インタフェースは、イメージキャラクターである「ムーミン」と標準のいずれかから選ぶことができる。

(Security NEXT - 2006/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
個人情報含む書類が運搬中に飛散、一部回収できず - 阿南市
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
県立施設の指定管理者がメール誤送信、個人情報やメアド流出 - 神奈川県
2018年春期の情報セキュマネ試験、合格率は53.7% - 非IT系は64.6%
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
コンタクトレンズ販売サイトでクレカ情報が流出、複数顧客で被害 - メニコン子会社