Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

未知の攻撃に対応する「F-Secureインターネットセキュリティ2007」が登場

日本エフ・セキュアは、コンシューマー向け統合セキュリティソフトの最新版「F-Secureインターネットセキュリティ2007」を10月30日に発売する。価格は、パッケージ版が6720円、ダウンロード版が5775円。1ライセンスで3台のPCへインストールできる。

同製品では、新機能「F-Secure DeepGuard」を搭載し、定義ファイルによるセキュリティ対策だけでなく、システムの監視や不正なコードの追加の防御、ヒューリスティック、およびランタイム振舞ブロックといった技術により、未知の攻撃に対応する。

さらにスパイウェアの検索エンジンを追加することにより検出や駆除の機能を強化。また、HTTPプロトコルのスキャンが可能となり、画像ファイルなどを利用した攻撃などにも対応するほか、ペアレンタル・コントロール機能を搭載した。インタフェースは、イメージキャラクターである「ムーミン」と標準のいずれかから選ぶことができる。

(Security NEXT - 2006/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク