Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコムウェア、フィッシング詐欺対策製品「PHISHCUT」の機能を強化

NTTコムウェアは、ASP型のフィッシング対策ソリューション「PHISHCUT」にあらたな機能を追加し、個人情報の送信防止などセキュリティ機能を強化した。

同サービスは、金融機関やネットバンキングのサイトに電子透かしを埋め込むことでサイトの真正性を保証し、ユーザーをフィッシング詐欺などから保護するソリューション。ユーザーがIDや口座番号などの重要情報を入力して送信する際、電子透かしのある正しいサイトであればそのまま送信し、疑わしいサイトの場合には送信を防止する。

これまでは、保護したい重要情報をユーザー自身が登録する必要があったが、今回の機能強化により、企業側が重要情報をあらかじめ設定することで利用時には自動的に情報が保護される「重要情報自動登録機能」が追加された。

また、情報の送信時ではなく、サイトにアクセスした時点で正規のサイトであるかを画面上に表示する「検証結果事前通知機能」も追加。さらにオプションとして、不正サイト情報を提供するサービスも付加された。価格は、月額25万円から。

(Security NEXT - 2006/10/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性