Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、パフォーマンスを強化した「ノートン・インターネットセキュリティ 2007」を発表

シマンテックは、統合セキュリティ対策ソフト「ノートン・インターネットセキュリティ 2007」およびウイルス対策ソフト「ノートン・アンチウイルス2007」を発表した。ダウンロード版はすでに入手可能で、パッケージ版は9月30日より発売する。

今回発表したいずれの製品についても、従来と比較し、メモリ消費や、ブート時間、スキャン速度、ユーザーインターフェースの起動速度、ダウンロード速度などのチューンナップが行われた。

また、ユーザーインタフェースを改良し、パソコン内のセキュリティ状況を把握しやすいよう工夫したほか、タスクバーやアイコントレーなどでステータスアイコン表示できる。

「ノートン・アンチウイルス 2007」では、スキャン機能が強化。スパイウェアをインストールする前に検出、削除することが可能。また、ルートキットなどへの対応も行った。

「ノートン・インターネットセキュリティ2007」は、「ノートン・アンチウイルス 2007」の全機能のほか、脆弱性などへの攻撃からコンピュータを守る不正侵入防止機能を搭載。ファイアウォール機能については、ユーザーに詳しい知識がなくても、自動的に環境設定できるよう機能を強化した。

対応OSは、Windows® XP Home/XP Pro/Media Center Edition。Windows Vista対応版へ無償でアップグレードできる。

(Security NEXT - 2006/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
他人の個人情報記載の健診受診券を送付 - 古賀市
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定