Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

弥生、顧客情報漏洩事件を受け社内処分を実施

弥生は、7月に発覚した顧客情報流出事件を受け社内処分を行った。

同事件は、会計ソフト「弥生」シリーズのユーザー16万4304名分の顧客情報が流出したもの。外部調査会社などが調査を実施したが原因特定には至っていないという。

同社では今回事件を受け、社内処分を実施。現代表取締役会長 (事故当時代表取締役社長)の平松庚三氏を20%減給2カ月、現代表取締役社長(当時取締役副社長)の飼沼健氏を10%減給2カ月とした。

その他関連する常務取締役や執行役員についても減給処分を実施。また、情報管理担当者などについては戒告処分を行った。

同社によれば、現在セキュリティの強化を推進しており、メール記録システムの導入やログシステムの強化、コールセンターにおける入退室管理の導入などを行ったという。運用のルールの見直しなどを進めているほか、社員教育などを実施する予定。

(Security NEXT - 2006/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
シネマイレージカード会員の書類が所在不明 - TOHOシネマズ
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正