Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記録フィルムや書類など約35万件の顧客情報を誤廃棄 - 日本郵政公社

日本郵政公社が、貯金事務センターにおいて保管している顧客情報記載のマイクロフィルムや書類の一部を誤廃棄していたことがわかった。

所在不明が判明したのは、東京貯金事務センターで保管していたマイクロフィルム66本。顧客26万5255名分の顧客情報が含まれる。2005年12月に、同センターの倉庫内の整理を行った際、誤って廃棄したという。

また、貯金事務センター7カ所と沖縄支社において、顧客計8万8380名分の個人情報が記載された郵便貯金申込書が、保存期限終了前に廃棄処分されていたことも判明。マイクロフィルム、書類、いずれも、氏名、住所、生年月日、口座番号などが記録されていた。

同社では、いずれも廃棄時には粉砕や溶解書類を行っており、顧客情報流出のおそれはないとしている。

(Security NEXT - 2006/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集