Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

推定約175万人が過去1年間にファイル交換ソフトを利用

ファイル交換ソフトを2005年7月以降に利用したユーザーが3.5%に上ることがコンピュータソフトウェア著作権協会などが実施した調査により明らかになった。

同調査は、コンピュータソフトウェア著作権協会や日本レコード協会、日本音楽著作権協会、日本国際映画著作権協会、テレビ朝日、テレビ東京、東京放送、日本テレビ放送網、日本放送協会、フジテレビジョンが、6月13日から同月18日の間、インターネットユーザーを対象にアンケートサイトを介して実施したもの。有効回答数は1万8596人。

調査結果によれば、ファイル交換ソフトを2005年7月以降に利用したことのある「現在利用者」は全体の3.5%で、実際は約175万5100人と推計されるという。それ以前に利用していた「過去利用者」の8.6%を合わせると、「利用経験者」は12.0%となり、調査開始後はじめて全体の1割を超えた。

「現在利用者」が利用しているファイル交換ソフトは、「Winny」が33.3%でもっとも多く、次いで「WinMX」が24.5%、「Limewire」が19.8%となっている。過去1年間にダウンロードしたファイル数は、平均194ファイル。「音楽関連」や「映像関連」が圧倒的に多い。また、32.6%がファイルの共有経験があるとしている。

ダウンロードしたファイルのうち、音楽ファイルの91.1%、映像ファイルの86.2%、ソフトウェアの58.2%が、著作権侵害の恐れがあると推計される。ファイル交換ソフトの利用を止めた理由としては、ウイルス感染の心配が46.2%と最も多かったが、26.4%のユーザーが著作権侵害などの問題を挙げたとしている。

(Security NEXT - 2006/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生