Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Wordに悪意あるコードが実行される脆弱性 - MSは修正プログラムを準備中

マイクロソフトは、同社ワープロソフト「Word」に外部からコードが実行される脆弱性が見つかったと発表した。

影響を受けるのは「Word 2002」と「同2003」で、悪意あるファイルを開くとリモートでコードが実行されるという。修正プログラムはなく、信頼のおけないファイルをそれぞれのソフトウェアで開かないよう同社では注意を喚起している。

また、ファイルを表示する必要がある場合は、今回の脆弱性を含まず、無償で提供されている「Word Viewer 2003」を使用するか、Wordをセーフモードで利用してほしいとアナウンスしている。

現在、同社では修正プログラムの用意を進めており、6月14日の月例セキュリティパッチリリース日を待たずに公開したいとしている。

マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ (919637)
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/919637.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社