Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、4月の月例パッチ公開 - 深刻度「緊急」3件含む

マイクロソフトは、4月の月例パッチをリリースした。今回は、深刻度が「緊急」とされる脆弱性3件を含んでいる。

今回、対応に緊急を要するとされるものは、「Internet Explorer」や「Windowsエクスプローラ」「Microsoft Data Access Components」の脆弱性。いずれも脆弱性を攻撃されるとコンピュータを乗っ取られるおそれがある。

また、重要として「Outlook Express 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (MS06-016)」、警告として「Microsoft Front Page Server Extensions の脆弱性により、クロスサイトスクリプティングが起こる (MS06-017)」が公開されている。

2006 年4月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-apr.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生