Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフト、4月の月例パッチ公開 - 深刻度「緊急」3件含む

マイクロソフトは、4月の月例パッチをリリースした。今回は、深刻度が「緊急」とされる脆弱性3件を含んでいる。

今回、対応に緊急を要するとされるものは、「Internet Explorer」や「Windowsエクスプローラ」「Microsoft Data Access Components」の脆弱性。いずれも脆弱性を攻撃されるとコンピュータを乗っ取られるおそれがある。

また、重要として「Outlook Express 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (MS06-016)」、警告として「Microsoft Front Page Server Extensions の脆弱性により、クロスサイトスクリプティングが起こる (MS06-017)」が公開されている。

2006 年4月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-apr.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ