Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、統合ファイルサーバサービスに情報漏洩防止機能を追加

NTTコミュニケーションズは、企業向けホスティングサービスとして提供している統合ファイルサーバサービス「セキュアスマートストレージ」に、情報漏洩防止機能をあらたに追加した。

同サービスではこれまで、通信経路の暗号化やアクセスログ取得機能、ウイルス対策、ユーザーアクセス制限、ICカード認証などのセキュリティ機能を提供してきたが、情報漏洩防止に特化した機能があらたに追加された。

今回追加されたのは、ファイルの使用方法および使用期間を制限する機能。ファイルごとに「印刷」「閲覧」「複製」「編集」の可否や、ユーザー別のアクセス制御を設定できるほか、暗号化も可能。また、ファイルを開くことができる期間や回数の制限、およびそれを超えたファイルの自動消去機能も備わっている。

(Security NEXT - 2006/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
NoSQL DB「Redis」を狙うアクセスが増加 - マイニングマルウェアの感染狙いか