Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、統合ファイルサーバサービスに情報漏洩防止機能を追加

NTTコミュニケーションズは、企業向けホスティングサービスとして提供している統合ファイルサーバサービス「セキュアスマートストレージ」に、情報漏洩防止機能をあらたに追加した。

同サービスではこれまで、通信経路の暗号化やアクセスログ取得機能、ウイルス対策、ユーザーアクセス制限、ICカード認証などのセキュリティ機能を提供してきたが、情報漏洩防止に特化した機能があらたに追加された。

今回追加されたのは、ファイルの使用方法および使用期間を制限する機能。ファイルごとに「印刷」「閲覧」「複製」「編集」の可否や、ユーザー別のアクセス制御を設定できるほか、暗号化も可能。また、ファイルを開くことができる期間や回数の制限、およびそれを超えたファイルの自動消去機能も備わっている。

(Security NEXT - 2006/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
介護サービス利用者の個人情報を誤送信 - 大阪市
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー