Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2005年11月の流出事件であらたに64件の流出を確認 - ワコール

ワコールは、2005年11月に同社サイトが不正アクセスを受け、顧客情報が流出した事件で、あらたに64件の流出を確認したと発表した。

システム運用を行っていたNECネクサソリューションズの調査で5124名の流出が判明していたが、セキュリティベンダーのラックへ分析を依頼、その結果、あらたな流出が判明したもの。

顧客ごとで流出した内容は異なるが、氏名や生年月日、電話番号のほか、注文番号、クレジットカード番号、有効期限などが含まれていたという。同社では該当する顧客に対して電話やメールなどで対応を行っている。

同社は、2月のオンラインショップの運営再開にあたっては、適切なセキュリティ対策を施しているとしている。

http://www.wacoal.co.jp/

(Security NEXT - 2006/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装