Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通、非接触手のひら静脈認証装置を開発 - 従来サイズの4分の1

富士通と富士通研究所は、共同で小型の非接触型手のひら静脈認証装置を開発し、欧米やオーストラリア、アジアなどで販売を開始した。

今回開発した認証装置は、35×35mmで従来サイズの4分の1へ小型化を実現。さらに認証速度の高速化などを実現したという。また、今回の新規発売に合わせ、「PalmSecure」ブランドを採用した。

同社では、サンプルアプリケーションや認証率評価ツールなどを同梱したSDKを提供。さらに専用ウェブサイトにより開発を支援するとしている。

(Security NEXT - 2006/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

税額決定通知書を異なる事業者へ誤送付 - 大阪市
不正アクセスで顧客情報1.3万件が流出した可能性 - 愛媛CATV
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
個人情報の匿名加工情報を作成ソフトに新版 - NTT-TX
入退管理システムのセキュリティ要件でチェックリスト - IPA
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院