Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報記載の帳票を紛失 - 名古屋市上下水道局

名古屋市上下水道局は、2月21日に熱田営業所において、同局の職員が個人情報を含んだ帳票を紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、貯水槽水道の調査内容を記録した「貯水槽水道調査票」と、顧客の水道に関する基本情報を記載した「受付調査票A」を綴じたもの。現地での調査後、3組の紛失が判明したため捜索したが、1組しか発見できなかったという。

同帳票には給水装置の所有者名、装置を設置している建物名、住所、電話番号、料金の請求先などが記載されていた。

同局では個人情報の持ち出しについて具体的な規定を設けており、今回紛失した「受付調査票A」は持ち出さない規定で、持ち出す場合も鞄に入れた上で携行するよう決められていたが実施されていなかったという。

同局では、該当する顧客には個別に訪問のうえ謝罪した。今後はルールの周知徹底を図り、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず