Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東ハト、懸賞当選者2255名の個人情報を電車内で紛失

東ハトは、1月20日に、社員が帰宅途中の電車内にノートパソコンを置き忘れ、保存されていた2255名分の顧客情報を紛失したと発表した。

紛失したパソコンに保存されていたのは、同社とマルエツの共同企画「人形劇ご招待」に、2001年から2005年の間に当選した顧客2255名分の個人情報。氏名、住所、電話番号などが含まれていた。鉄道会社や警察に紛失を届けたが、発見されていない。

同社によれば、紛失したパソコンには二重のパスワードを設定していたとしており、「外部に流出する可能性は極めて低い」としている。また、該当する顧客に対して経緯説明と謝罪をするとともに、個人情報保護対策をさらに徹底して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2006/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DC利用者向けに「IDS/IPSサービス」 - キヤノンITS
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
2018年上半期の情報開示要請1576件、76%に対応 - LINE
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社