Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大規模環境にも対応するディレクトリサーバを発売

NECは、ネットワークのアカウント情報やセキュリティポリシーを統合管理できる「EnterpriseDirectoryServer Linux版 Ver5.0」を発売した。

同製品は、LDAP v3対応したLinux上で動作し、複数のIDを統合管理できるサーバの最新版。ほかのディレクトリ製品と双方向データ連携を実現するオプションを用意しており、既存システムとの連携が可能。

また今回のバージョンでは、従来製品と比較しほぼ同じメモリ使用量で最大約500倍の常時接続を実現しており、大規模システムに対応できるという。

(Security NEXT - 2006/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
学内用掲示板でアクセス制限不備、個人情報流出の可能性 - 吉備国際大
クレカ不正発生、1月中旬以降300分の1以下に - PayPay
アンケートサービスに不正アクセス - 登録された個人情報が流出
著作権侵害コンテンツの削除申請を支援するサービス
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
小学校児童の緊急連絡先を紛失 - 大阪市
2019年春期セキュマネ試験、合格率51.9% - 非IT系で高い合格率
「MyEtherWallet」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生