Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JAバンク愛知、財形貯蓄の口座開設者情報を紛失

愛知県信用農業協同組合連合会は、財形貯蓄の口座開設者情報が記載された書類を紛失したと発表した。

所在不明となっているのは、愛知県内の農協において財形貯蓄の積立口座を開設している顧客の情報が記載された書類。氏名、口座番号、預金残高など27名分の個人情報が含まれていた。

同会によれば、同書類は同会が保管するべきものだったが、誤って受付窓口である農協へ送付していたという。同会では、送付時や農協において紛失した可能性が高いとしており、現在、農協と協力しながら調査を進めている。

同会では顧客へ事情を説明し、謝罪。また、再発防止に向け、管理を強化するとしており、取扱手続きなどについて再度確認を行うとしている。

(Security NEXT - 2006/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - ジラフ
県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も