Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マツダ系ディーラー、車上荒らしで顧客の車検証などが盗難

京滋マツダは、マツダアンフィニ京都洛南店の店舗近くの駐車場に留めていた車両が車上荒らしに遭い、顧客情報が記載された車検証や保険の申込書などが盗まれたと発表した。

今回盗まれたのは、任意保険の更改申込書やETC申込書、車検証など。258件の顧客情報が含まれていた。そのうち、氏名、住所、電話番号が記載された書類は9件、氏名と住所が記載された書類は86件、残りは氏名のみが記載されていた。

同社によれば、10月22日に従業員が被害に気付き、ただちに盗難届を提出。被害に遭った顧客および関係者に対し謝罪した。個人情報管理体制を強化して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PowerDNS Recursor」に脆弱性 - アップデートがリリース
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画
小学校で個人情報含むノートが所在不明 - 大阪市
居住者情報の記載資料が所在不明に - 仙台市の郵便局
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
施設指定管理者がメルアドリスト持出、リスト宛に誤送信 - 横浜市
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
牡蠣の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性