Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモックら、スパイウェアの検出サービスを無償提供

ハンモックとネクステッジテクノロジーは、企業向けのスパイウェア対策ソリューション「スパイウェア ハンター」の提供を、11月1日より開始する。検出は無料。有料で除去サービスも提供される。

同サービスは、ネクステッジのスパイウェア対策ソフトウェア「X-Cleaner」を利用したもの。契約企業には無料でスパイウェア検出プログラムが提供され、それを企業内の共有サーバから個々のパソコンへ配信してスパイウェアを検出する。その結果は検出レポートとして作成され、ハンモックのウェブサイトからいつでも閲覧できる。

さらに有料サービスとして、検出されたスパイウェアの除去サービスも提供される。全除去の場合は1クライアント当たり年額525円。特定スパイウェアの選択除去の場合は年額840円となっている。

(Security NEXT - 2005/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティソリューションへの支出、世界で年間1000億ドル超に
寝台列車「ななつ星」通販サイトに不正アクセス - JR九州
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
九電の出力制御指示メール未達 - 作業ミスで迷惑メール扱いに
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定