Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハンモックら、スパイウェアの検出サービスを無償提供

ハンモックとネクステッジテクノロジーは、企業向けのスパイウェア対策ソリューション「スパイウェア ハンター」の提供を、11月1日より開始する。検出は無料。有料で除去サービスも提供される。

同サービスは、ネクステッジのスパイウェア対策ソフトウェア「X-Cleaner」を利用したもの。契約企業には無料でスパイウェア検出プログラムが提供され、それを企業内の共有サーバから個々のパソコンへ配信してスパイウェアを検出する。その結果は検出レポートとして作成され、ハンモックのウェブサイトからいつでも閲覧できる。

さらに有料サービスとして、検出されたスパイウェアの除去サービスも提供される。全除去の場合は1クライアント当たり年額525円。特定スパイウェアの選択除去の場合は年額840円となっている。

(Security NEXT - 2005/10/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中古重機の販売サイトで不具合 - 他顧客情報を誤表示
SIEM契約者向けにMicrosoft Defender用独自ダッシュボード - ALSI
行政不服審査請求人の個人情報含むファイルを公開DBに登録 - 新潟県
野球場予約システムが休止、不正ログイン試行で - 川崎市
2019年のシンクライアント端末市場、前年比53.6%増
Windows版が影響受ける深刻な脆弱性を解消した「PHP」新版
メール送信ミスで入試事前審査の合否情報が流出 - 神戸大
VMwareのmacOS向け製品に権限昇格の脆弱性
エフセキュア、最新OSをサポートしたLinux向け2製品をリリース
経済産業省、個人情報漏洩でベネッセに報告徴収の要請