Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KCCS、ウェブ脆弱性診断サービスに新メニューを追加

京セラコミュニケーションシステムは、ウェブサイトの脆弱性診断サービスの料金改定や新メニューの追加を発表した。

手動と専用ツールを用い、PC向けサイトや携帯サイト向け診断サービス「Standard Plan」、さらにソースコードの解析を行う「Advanced Plan」を用意しているが、あらたに認証や課金システムに特化した診断診断サービス「Quick Plan」を追加。また、コンサルサービスや教育サービスについても強化した。

(Security NEXT - 2005/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

同報メールで一部メアドを宛先に記載 - 大阪府
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
Citrix製品にあわせて11件の脆弱性 - アップデートが公開
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
「SD-WAN by VeloCloud」に脆弱性 - アップデートがリリース
札幌テレビかたり、個人情報聞き出す電話に注意
F5「BIG-IP」の脆弱性狙う攻撃を国内で観測
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
顧客情報記載の領収証を紛失 - 四国ガス燃料