Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

野村IR、ウイルス感染でWinny上に顧客情報を流出

野村インベスター・リレーションズは、9月21日深夜に社員の個人パソコンがウイルスに感染し、137件の顧客情報が記載されたリストがWinnyネットワーク上に流出したと発表した。

同社によれば、流出したのは2000年4月11日から5月7日までに、メールマガジンの購読希望アンケートに回答した顧客のリストで、住所、氏名、電話番号、年齢、職業、投資経験、メールアドレスなどが記載されていた。

同社では、該当する顧客に対して事情説明と謝罪をするとともに、社員に対して情報保護の教育や研修を行うなど、個人情報の適正な管理を一層徹底して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、「SpectreNG」対策で複数製品向けにパッチを準備
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」