Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CA、スパイウェア対策機能を充実させた総合セキュリティソフト発売

コンピュータ・アソシエイツは、個人およびSOHO向けセキュリティソフト「eTrust インターネット セキュリティ スイート 2006」を発売する。ダウンロード版は2005年9月7日より、パッケージ版は同月9日より発売。

同ソフトは、「eTrust アンチウイルス」、「eTrust PestPatrol アンチスパイウェア」、「eTrust アンチスパム」の最新版、および同時発売される「eTrustパーソナル ファイアウォール 2006」を組み合わせた、総合セキュリティソフト。あらゆるネット上の脅威からユーザーを守る。

特にスパイウェア対策においては、約12万種のスパイウェアに対応可能な専門対策機能を備えている。また、同社のスパイウェア専門研究機関「セキュリティ・リサーチ・センター」が提供するデータベースと連携したレポート機能により、最新のスパイウェア情報が入手できる。

さらにファイアウォール機能により、ハッカーの攻撃や不必要な通信を遮断するとともに、個人情報の流出も防止する。価格は、ダウンロード版が6980円。パッケージ版が8980円となっている。

(Security NEXT - 2005/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

佐賀県教委、10項目のセキュリティ対策実施計画を策定
NECネッツエスアイ、ウェブ閲覧を保護するサービス
第1回「情報処理安全確保支援士試験」の申込受付がスタート
IPAら、「セキュリティ・キャンプフォーラム2017」を開催
「NEXON」装うフィッシングが再発 - 2016年末と同じ文面
無償脆弱性緩和ツールの新版「EMET 5.52」がリリース
Office利用者狙うフィッシング、国内から3000件以上のアクセス
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 72時間以内に更新を
サイボウズの「リモートサービスマネージャー」に脆弱性
厚労省、個人情報含む文書を誤送信