Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CA、スパイウェア対策機能を充実させた総合セキュリティソフト発売

コンピュータ・アソシエイツは、個人およびSOHO向けセキュリティソフト「eTrust インターネット セキュリティ スイート 2006」を発売する。ダウンロード版は2005年9月7日より、パッケージ版は同月9日より発売。

同ソフトは、「eTrust アンチウイルス」、「eTrust PestPatrol アンチスパイウェア」、「eTrust アンチスパム」の最新版、および同時発売される「eTrustパーソナル ファイアウォール 2006」を組み合わせた、総合セキュリティソフト。あらゆるネット上の脅威からユーザーを守る。

特にスパイウェア対策においては、約12万種のスパイウェアに対応可能な専門対策機能を備えている。また、同社のスパイウェア専門研究機関「セキュリティ・リサーチ・センター」が提供するデータベースと連携したレポート機能により、最新のスパイウェア情報が入手できる。

さらにファイアウォール機能により、ハッカーの攻撃や不必要な通信を遮断するとともに、個人情報の流出も防止する。価格は、ダウンロード版が6980円。パッケージ版が8980円となっている。

(Security NEXT - 2005/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エルテスとクロスワープ、企業の内部情報漏洩対策サービスを中国で提供
顧客の個人情報含むファイルを誤ってメールに添付 - エコランド
保管文書台帳に個人名、配慮必要な情報も - 長崎県
ファイア・アイ、エンドポイント製品をクラウドや仮想アプライアンスで提供
2016年度の標的型攻撃対策支援サービス市場は95億円 - 前年度比2割増
キヤノン、複合機やプリンタ利用者に更新呼びかけ - 「WannaCrypt」感染のおそれも
「OpenVPN」に複数の脆弱性 - 早期にアップデートを
メルカリで他利用者情報が閲覧可能に - CDNプロバイダ切替で
ランサム攻撃発動しない「WannaCrypt」亜種が拡散 - 潜伏に注意
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加