Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CA、スパイウェア対策機能を充実させた総合セキュリティソフト発売

コンピュータ・アソシエイツは、個人およびSOHO向けセキュリティソフト「eTrust インターネット セキュリティ スイート 2006」を発売する。ダウンロード版は2005年9月7日より、パッケージ版は同月9日より発売。

同ソフトは、「eTrust アンチウイルス」、「eTrust PestPatrol アンチスパイウェア」、「eTrust アンチスパム」の最新版、および同時発売される「eTrustパーソナル ファイアウォール 2006」を組み合わせた、総合セキュリティソフト。あらゆるネット上の脅威からユーザーを守る。

特にスパイウェア対策においては、約12万種のスパイウェアに対応可能な専門対策機能を備えている。また、同社のスパイウェア専門研究機関「セキュリティ・リサーチ・センター」が提供するデータベースと連携したレポート機能により、最新のスパイウェア情報が入手できる。

さらにファイアウォール機能により、ハッカーの攻撃や不必要な通信を遮断するとともに、個人情報の流出も防止する。価格は、ダウンロード版が6980円。パッケージ版が8980円となっている。

(Security NEXT - 2005/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress 4.9.2」がリリース - Flashフォールバック機能を削除
個人情報やハンドル名の取り扱いで謝罪 - 岩本町芸能社
「Intel AMT」のパスワードは大半が「admin」、端末乗っ取りのおそれ - 研究者が指摘
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
ランサムウェアに感染、サイト改ざん被害も - 新潟大医歯学総合病院
販売店が顧客情報含む領収証を紛失 - 東京ガス
動物取扱責任者の変更届出書などを紛失 - 大阪府
ネットエージェントとデジタルデータソリューションが業務提携 - ラックが資本参加
中小企業を対象としたセミナーが全国7カ所で開催
12月下旬より「Oracle WebLogic Server」狙う攻撃が発生 - 仮想通貨採掘に悪用されたケースも