Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CA、スパイウェア対策機能を充実させた総合セキュリティソフト発売

コンピュータ・アソシエイツは、個人およびSOHO向けセキュリティソフト「eTrust インターネット セキュリティ スイート 2006」を発売する。ダウンロード版は2005年9月7日より、パッケージ版は同月9日より発売。

同ソフトは、「eTrust アンチウイルス」、「eTrust PestPatrol アンチスパイウェア」、「eTrust アンチスパム」の最新版、および同時発売される「eTrustパーソナル ファイアウォール 2006」を組み合わせた、総合セキュリティソフト。あらゆるネット上の脅威からユーザーを守る。

特にスパイウェア対策においては、約12万種のスパイウェアに対応可能な専門対策機能を備えている。また、同社のスパイウェア専門研究機関「セキュリティ・リサーチ・センター」が提供するデータベースと連携したレポート機能により、最新のスパイウェア情報が入手できる。

さらにファイアウォール機能により、ハッカーの攻撃や不必要な通信を遮断するとともに、個人情報の流出も防止する。価格は、ダウンロード版が6980円。パッケージ版が8980円となっている。

(Security NEXT - 2005/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、ゲーム型のサイバー攻撃対策演習にオンライン版
セコムとKDDI、次世代通信「5G」で実証実験 - IoT時代視野に
廃棄公文書が収集時に飛散、一部未回収の可能性 - 大阪市
DNP、アプリの公開時から公開後までセキュリティ機能を高めるサービス
NII、匿名加工情報の加工方法に関する報告書を公開
日立Sol、就業時間外にPCを利用させないソリューション - 指定時間にシャットダウン
マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件
案内メールを誤送信、メアドが流出 - レンズ型掃除機メーカー
CyberArkが日本法人を設立 - 特権アカウント管理製品の展開強化
DIT、プログラムファイルに記載された特権IDやPWの漏洩防ぐ新製品