Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CA、スパイウェア対策機能を充実させた総合セキュリティソフト発売

コンピュータ・アソシエイツは、個人およびSOHO向けセキュリティソフト「eTrust インターネット セキュリティ スイート 2006」を発売する。ダウンロード版は2005年9月7日より、パッケージ版は同月9日より発売。

同ソフトは、「eTrust アンチウイルス」、「eTrust PestPatrol アンチスパイウェア」、「eTrust アンチスパム」の最新版、および同時発売される「eTrustパーソナル ファイアウォール 2006」を組み合わせた、総合セキュリティソフト。あらゆるネット上の脅威からユーザーを守る。

特にスパイウェア対策においては、約12万種のスパイウェアに対応可能な専門対策機能を備えている。また、同社のスパイウェア専門研究機関「セキュリティ・リサーチ・センター」が提供するデータベースと連携したレポート機能により、最新のスパイウェア情報が入手できる。

さらにファイアウォール機能により、ハッカーの攻撃や不必要な通信を遮断するとともに、個人情報の流出も防止する。価格は、ダウンロード版が6980円。パッケージ版が8980円となっている。

(Security NEXT - 2005/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8100人分の個人情報入りUSBメモリが所在不明 - 海城中高
バッファローのネットワークカメラ「WNC01WH」に脆弱性
会員向けメールで異なる会員情報を誤送信 - 名古屋のプロバスケチーム
賛助会員向け案内メール誤送信でメアド流出 - 大阪観光局
ヤフー、携帯電話のSMSを活用したログイン認証を順次導入 - 従来パスワードは不要に
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
車上荒らしで学生の個人情報が被害に - 梅光学院大
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
政府統計システムから個人情報2.3万件が流出か - 原因はStruts2脆弱性
専任CISO設置の国内企業、3割満たず - 欧米と2倍以上の開き