Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不要になった重要書類を破砕しリサイクル - トッパン・フォームズ

トッパン・フォームズとトッパン・フォームズ・サービスは、企業から排出される機密文書や法定保管期間を過ぎた書類の回収、リサイクル処理サービスを開始する。

シュレッダー搭載トラックを指定の場所へ派遣し、その場で破断処理を実施、廃棄物を熔解リサイクル処理を行うサービスを展開。また、シュレッダーレンタルサービスや専用ボックスによる書類の回収、一括処理といったメニューを用意している。

個人情報保護法などを配慮し、預かり、破砕、溶解などの証明書の発行するほか、処理の立会いや写真の提供にも対応。また溶解された古紙はトイレットペーパーや段ボール原紙、書類保管箱などリサイクルされる。サービス提供地域は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県を予定している。

(Security NEXT - 2005/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットバンクがセキュ対策の無効化を検知できる技術
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
緊急事態宣言後、テレワークで8割がVPN利用、半数以上で遅延