Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

滋賀県、サーバへの不正侵入で個人情報が閲覧可能に

滋賀県は、県が庁外に設置しているサーバへの不正侵入が発生したと発表した。

同発表によれば、不正アクセスが判明したのは、県民文化課が開設しているホームページ「あーとねっと・しが」、および「協働ネットしが」を運用するために設置されたサーバ。10日間に渡り、侵入者がサーバの不正利用をしたり、非公開の個人情報などを閲覧することが可能な状態となっていたという。

同県では原因について、一時的に作成したテスト用のログインIDを放置し、そのログインIDおよびパスワードが容易に推測可能であったためだとしている。また、テスト用のログインIDに対して、行使できる権限を必要なものに限定していなかったこと、サーバメンテナンス用の端末を限定していなかったことなども重なった。8月9日現在、両ホームページは閉鎖されている。

同県では、個人情報が閲覧可能な状態にあった者に対し、メール或いは文書で謝罪するとともに、ネット上に情報を公開しているサーバを設置しているシステムについて、再度総点検を実施するとしている。

(Security NEXT - 2005/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避