Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

滋賀県、サーバへの不正侵入で個人情報が閲覧可能に

滋賀県は、県が庁外に設置しているサーバへの不正侵入が発生したと発表した。

同発表によれば、不正アクセスが判明したのは、県民文化課が開設しているホームページ「あーとねっと・しが」、および「協働ネットしが」を運用するために設置されたサーバ。10日間に渡り、侵入者がサーバの不正利用をしたり、非公開の個人情報などを閲覧することが可能な状態となっていたという。

同県では原因について、一時的に作成したテスト用のログインIDを放置し、そのログインIDおよびパスワードが容易に推測可能であったためだとしている。また、テスト用のログインIDに対して、行使できる権限を必要なものに限定していなかったこと、サーバメンテナンス用の端末を限定していなかったことなども重なった。8月9日現在、両ホームページは閉鎖されている。

同県では、個人情報が閲覧可能な状態にあった者に対し、メール或いは文書で謝罪するとともに、ネット上に情報を公開しているサーバを設置しているシステムについて、再度総点検を実施するとしている。

(Security NEXT - 2005/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

事業者向けのセミナー案内メールを誤送信 - 和歌山市
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
F-Secure、英MWR InfoSecurityを約116億円で買収
患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
振込依頼書の紛失や誤廃棄が判明 - かながわ信金
委託先でカード決済の二重請求や引落が発生 - イープラス
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可