Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC利用歴5年以上でも「スパイウェアへの関心ない」50.2% - アイシェア調査

アイシェアは、パソコン利用歴5年以上のユーザーを対象に、スパイウェアに関する意識調査を実施し、その結果を発表した。

同調査は、2005年7月13日から14日までの24時間、メール告知と非公開型ネットアンケート方式で実施された。対象者は、同社のメール転送サービスの無償利用ユーザーのうち、5年以上のパソコン利用者3000人で、有効回答者数は615人。

同調査によれば、「マルウェア」「スパイウェア」について「言葉だけ知っている」と答えたのは40.3%で、「知らない」と回答したのも10.1%を占め、50.2%はスパイウエアに対しての認識が低いことが明らかになった。また、ネット環境における安全対策については、「ウイルス対策ソフトを導入」は83.1%を占めたが、「スパイウェア対策ソフトを導入」は44.2%に留まった。

外出先でのパソコン利用率は66%を超え、漫画喫茶や学校、会社など、自宅以外のパソコンでネットバンクを利用したことがあると答えたのは全体の21.8%、クレジットカードについては20.8%が利用の経験があると答えた。この結果を受けて同社では、スパイウェアによるパスワード詐取やフィッシング詐欺の危険性について、広く伝えていく必要があるとしている。

(Security NEXT - 2005/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイル暗号化製品に新版、ファイル作成時に自動暗号化 - デジタルアーツ
セキュリティ対策の情報開示で手引書、意見募集開始 - 総務省
不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
不在通知装う「スミッシング」、ますます悪質化
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ