Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トリップワイヤ、ウェブ改ざん検知ソフトを発売

トリップワイヤ・ジャパンは、ウェブ改ざんを検知するソフトウェアの新バージョン「Tripwire Manager 4.6 日本語版」と「Tripwire for Servers 4.6 日本語版」を発表した。

同製品では、データに加えられた変更を検出し、被害箇所を特定するソフトウェア。パッチの適用が行われているか、といったシステムの変更管理も実現している。

「Tripwire Manager 4.6 日本語版」では、GUIのポリシー編集機能や運用管理機能を搭載し、ユーザービリティが向上した。また、予定された変更と侵害の識別できるほか、違反通知機能により、違反時は管理者に通知することが可能。

「Tripwire for Servers 4.6 日本語版」は、対応プラットフォームが拡大したほか、インストールの自動化や整合性チェックの負荷制御が可能となった。

(Security NEXT - 2005/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イスラエルのSCADAfenceが事業所設置 - 日本進出へ
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
8月のDDoS攻撃が4割減 - 「GRE」利用のフラッド攻撃など発生
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも