Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、委託先で顧客情報が保存されていたHDを紛失

NTTドコモは、精算業務を委託しているドコモ・サポートにて、携帯端末などの顧客情報が記録されたハードディスクを紛失していたと発表した。

ドコモ・サポートでは、NTTドコモの代理店手数料について精算業務を受託している。今回の事故は、同社の事務所内に保管していた外付型ハードディスク装置1個の紛失が5月下旬に判明、以降探索などを行っていたが、発見できず、委託元であるNTTドコモへ6月23日に紛失の連絡があったという。警察に紛失届けが提出されたのは6月27日だった。

ハードディスクには、ドコモグループ各社の携帯端末やクイックキャストの契約者情報が記録されていた。同社によれば、2003年10月から2005年3月のあいだに関東甲信越地域のドコモ商品取扱店において注文した最大4万8千名分の顧客情報で、氏名や電話番号が含まれいてた。また、同社に派遣されていた95名の従業員情報についても含まれていたとしている。

ハードディスクに情報が記録されていた顧客に対しては個別に連絡し、情報の紛失について説明し、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向