Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福井信金、約4万件の顧客情報が記録された内部資料を紛失

福井信用金庫は、顧客情報約4万件が記録された業務用フィルムを紛失したと発表した。

金融庁が進めている一斉点検の要請を受け、個人情報の保管状況を調査した結果判明したもので、1995年1月から2000年6月までの一部データを記録したコムフィッシュ46枚を紛失していた。

コムフィッシュは、過去の取引内容を記録した内部管理資料で、同庫では総枚数19万1230枚を管理している。漏洩した46枚には、顧客情報は4万973名分が記録されており、名前、口座番号、残高など個人情報も含まれていたという。

同庫では誤廃棄の可能性が高いとしており、情報漏洩の可能性は低いとしている。また、再発防止に向け情報管理態勢の強化を実施するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
番組ガイドの配送リストを紛失 - ケーブルテレビ可児
取引先が置き引き被害、学生服の注文伝票など - 名鉄百貨店
「Pokemon GO」利用者狙うフィッシング - 偽領収書で不安煽る
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
「Apache Tomcat」の脆弱性狙うアクセスに注意
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
「情報セキュリティサービス基準」、2020年度1Qの募集が開始に
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市