Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福井信金、約4万件の顧客情報が記録された内部資料を紛失

福井信用金庫は、顧客情報約4万件が記録された業務用フィルムを紛失したと発表した。

金融庁が進めている一斉点検の要請を受け、個人情報の保管状況を調査した結果判明したもので、1995年1月から2000年6月までの一部データを記録したコムフィッシュ46枚を紛失していた。

コムフィッシュは、過去の取引内容を記録した内部管理資料で、同庫では総枚数19万1230枚を管理している。漏洩した46枚には、顧客情報は4万973名分が記録されており、名前、口座番号、残高など個人情報も含まれていたという。

同庫では誤廃棄の可能性が高いとしており、情報漏洩の可能性は低いとしている。また、再発防止に向け情報管理態勢の強化を実施するとしている。

(Security NEXT - 2005/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
県立高校で個人情報含む書類を紛失 - 埼玉県
都教委の採用に関するサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
ユニクロとGUサイトにPWリスト攻撃 - 約46万件で不正ログイン
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
約7割が標的型攻撃への訓練実施 - 管理者3割「開封が評価に影響」