Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで人気女性向けサイト「オズモール」が一時閉鎖

スターツ出版は、同社が運営する女性向け情報サイト「オズモール」が不正アクセスを受け、閉鎖したと発表した。

同社によれば、5月25日16時ごろ、同サイトへの不正にアクセスを認識したという。同社では事故の発生を未然に防止するため、サイトを外部から隔離。女性向け情報サイト「オズモール」、および携帯電話向けサイト「モバイルオズ」「OZの恋愛占い」を閉鎖した。

同社では、26日時点で個人情報の漏洩などは確認されていないとしている。同社では安全が確認されるまで運営サイトを閉鎖する予定。

同社では、代表取締役社長である菊地修一氏を委員長としたセキュリティ委員会を設置。現在、警視庁や弁護士、セキュリティ会社などと連携し、被害状況や進入経路の特定、およびセキュリティ強化を進めている。

(Security NEXT - 2005/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意